郁永河が硫黄を探査するために台湾に来たとき、当時の台湾の首都である台南市からJhousuei河,大渡河まで、川の中の石が硫黄に覆われているのを発見しました。よって彼は、硫黄に覆われた地区を黄寺と呼びました。“河流”という意味です。日本統治時代に文人が彰化でこの地区を命名し、台湾新文学の父・頼和は黄寺協会を組織しました。

磺渓文学賞磺溪の文学精神に敬意を表し、県委員会、県政府は1999年に磺溪文学賞を設立しました。伝統精神を高揚させ、生命の意義と価値を向上させ、市民の人権意識を呼び起こすためです。文学の創作を促し、環境を改善し、文学の発展を通してより質の高い生活、余裕があり、平和で幸福な社会を築くことを旨としています。

磺溪文学賞には特別貢献賞と文学賞があり、文学賞は、詩歌、散文、小説、報告、特別報告の分野に分かれます。提出作品は、応募された文学作品と審査委員会の報告から判断して、分野ごとに優秀な作家や学者を選びます。現金賞もあり、受賞作品は後日出版されます。これらの作品の広報を通した地方の出版物の質の向上も目的の一つであり、磺溪文学賞が作家を励まし、新しい作家を世に送り出し、彰化における文化の発展に結びつくことを願っています。

  • Back
  • Top